INTERESTING STORY

趣味、興味、愚痴、色々

#63自分でできた!

 

 

 

 

 

DIYって楽しいかも!?って思ったじゅん。です。

 

いや、元々好きですが改めてそう思いました。

 

で、

 

先日買ったドライブレコーダーをやっと取り付けました。
v(´>ω<`)v

 


f:id:jungurome:20180311221702j:image

 

結果的には素人の私でもできました!

 

知識さえあれば簡単で、配線を隠す方が難しかったなという印象です。

 

これで配線の裏取りや工賃の分、節約できましたね。
( ̄▽ ̄)ニヤリ

 

どんなことしたのか、私の復習も兼ねて簡単にご紹介します。

 

【はじめるまえに】

 

まずなんと言っても素人の私がやるからには情報が大切です。

 

やり方が分からなければどうしようもないのは当たり前ですが、

 

失敗してクルマが動かなくなるなんて事態は絶対に避けなければなりません。

 

ネット検索で信憑性の高いサイトをいくつか熟読しながら比較、

 

最も私のやりたいこと知りたいことに近いサイトを参考にしました。

 

必要なとこはプリントアウトして作業中いつでもチェックできるようにしました。

 

電源取り、ヒューズについて、ドラレコ設置などを勉強し、いざ取り付け。

 

【電源取出し】

 

一番難関だと思っていた作業。

一番簡単だったかもしれない。

 

電源を取り出す方法として簡単なのはアクセサリーソケットから電源を取る方法。

 

しかし、

 

それだと配線が見える上にドラレコまでコードが宙ぶらりんなのはみっともない!

 

しかも常時使うドラレコでアクセサリーソケットを使ってしまうと、スマホ充電など他に使えなくなる。

f:id:jungurome:20180308220949j:image

アクセサリーソケット分配器も考えたが、結局1つのソケットから取れる電源には限りがある。

 

なので、車内ヒューズBOXから電源を取る形になった。

 

ゼストくんは運転席下にあるのでパネルを剥がす。

 
f:id:jungurome:20180308221045j:image


f:id:jungurome:20180308221106j:image

 

そうすると写真のような状態になりかなり作業しやすい。

 

ゼストくんの説明書に書かれている、アクセサリーソケットなど使いたいヒューズを調べる。


f:id:jungurome:20180308221152j:image

 

テスターを使い、そのヒューズの電源側を探す。


f:id:jungurome:20180308221228j:image

 


f:id:jungurome:20180308221807j:image

 

電源は片方から流れているので、ヒューズの左右にテスターを当てると片方はテスターが光ります。


f:id:jungurome:20180308221243j:image

 

エーモンのヒューズ電源取りと入れ替える。


f:id:jungurome:20180308221409j:image

 

この際、ヒューズにコードが付いてる方を電源側に合わせる。


f:id:jungurome:20180308221849j:image

ヒューズ電源取りと買っといたソケットをギボシ端子で繋げて、適当にアースする。

 
f:id:jungurome:20180308221932j:image

 

キーを回してアクセサリー電源(エンジン掛ける手前)で作動するか確認。

 

作動すれば電源取り完了。

 

あとは綺麗に収まるように何とかする。

 

ざっくりこんな感じで準備OK。

 

【配線】

 

次に配線の確認です。

 

運転席下に電源があるのでそこからまず上に向け、センターミラーまで配線します。

 

電源コードは隠すのでAピラーを使います。

 

まず、Aピラーパネルを外したいので、ドアのこのゴムを外します。


f:id:jungurome:20180308222029j:image

 

でAピラーパネルも外す。


f:id:jungurome:20180308222104j:image

 

パネルを外したピラーとヒューズBOX付近は、細く狭く色々な配線があるので大変ですが、配線ガイドを使ってドラレコの電源コードを引き込みます。

 
f:id:jungurome:20180309233628j:image

 

そしたらセンターミラー付近まで引っ張って取り敢えず置いときます。

 

今度はセンターミラーからリアガラスまでカメラの延長コードを配線します。

 

運転席側の天井を通すので、ABCピラー枠のゴムを外して、天井のピンを外します。

 

配線ガイドを使って隙間に通していき、取り敢えずまた置いときます。

 

【カメラ設置】

 

カメラを設置です。

 

特に難しいことはありません。

 

が、両面接着が唯一気を付けなければならないポイントです。

 

設置場所は「なるべく真ん中」です。

 

ドラレコの画角が広くても、偏りや歪みを作る原因は排除したいので「なるべく真ん中」です。

 

フロント側はここ。


f:id:jungurome:20180311220643j:image

 

リア側はここ。

 
f:id:jungurome:20180311220700j:image

 

セパレートミラーとフロントカメラ。

 
f:id:jungurome:20180311220746j:image

 

【接続・完成】

 

取り敢えず置いといた電源コードを設置したカメラに接続します。

 

リアガラスに設置したカメラは、リアゲートを開けるとコードの長さが変わるので調整が必要です。

 

f:id:jungurome:20180311221510j:image

 

電源コードのDCプラグを電源ソケットに差し、念の為作動するかを確認、問題がなければ片付けに入ります。


f:id:jungurome:20180308222555j:image

 

写真のように余分なコードは絶縁テープやタイラップでまとめ、綺麗に片付けます。

 

その時振動で音がしないようしっかり固定していきます。

 

天井やらピラーやら元に戻して配線を隠していけば終了です。

 

【まとめ】

 

写真の撮り忘れもあるので言葉だけでは分かりにくいですが、ちゃんと配線を隠して設置できたのはお分かり頂けるかと思います。

 

素人の私でも必要な知識さえあればできます。

 

とは言っても、

 

私には乗り物好き特有の「感」みたいなものがあるからできたのかも知れません。

 

なので全く興味のない人は勿論ですが、初心者で調べてもよく分からない人はプロに任せるのが良いでしょう。

 

以上ドラレコ設置DIYでした〜。

 

お読み頂きありがとうございます。

それではまた〜。
ヾ(*´∀`*)ノ