INTERESTING STORY

趣味、興味、愚痴、色々

#29VTZ追悼

愛車への悲しみをそろそろしっかり断ち切るため。

 

そして忘れないために。

 

ここに写真とともに記憶を記す。

 



f:id:jungurome:20170619175123j:image

 

出会いは2016/10、ヤフオクで落札。

 

それなりに走れるように軽整備。

 

友人と茨城県奥久慈大子方面にツーリング中、

山間部でエンジン停止。

 

それから長い入院生活。

 

メインハーネス、レギュレータ、

CDIを交換。

 

ヒューズや各カプラーなどの接点復活。

 

バッテリー新品交換。

 

ようやく火を吹き返すが、

 

まだ元気にならない。

 

ここまでで10万程つぎ込む。

 

祈ってたら理由は分からないが急に元気になる。

 

2017/01ようやく退院。

 

それから通勤と休日でほぼずっと一緒に出掛けていた。

 


f:id:jungurome:20170619175319j:image

 

ドンドン整備してドンドン調子が良くなってきて、

 


f:id:jungurome:20170619180526j:image


f:id:jungurome:20170619180600j:image


f:id:jungurome:20170619180621j:image

 

望んだ場所へどこまでも俺を運び、

 


f:id:jungurome:20170619180746j:image


f:id:jungurome:20170619180822j:image


f:id:jungurome:20170619180943j:image

 

VTZがどこか微笑んでいるように見えた頃、

 

事故は起きた。

 

2017/05/14

 

目を覚ました時そこは病院搬送中の救急車の中だった。

 

治療が終わり退院、とにかく愛車が気になってその足で見に行った。

 

事後現場目の前のコンビニ横に、ポツンと残された彼がそこに居た。

 


f:id:jungurome:20170619175641j:image


f:id:jungurome:20170619175717j:image


f:id:jungurome:20170619175750j:image


f:id:jungurome:20170619175818j:image


f:id:jungurome:20170619175850j:image


f:id:jungurome:20170619175908j:image


f:id:jungurome:20170619175926j:image

 

全てを受け止めた衝撃が彼の身体にしっかり刻まれていた。

 

とても複雑な気持ちでいっぱいだった。

 

怒りと悲しみ、それと自分自身が許せなかった。

 

これからだ、と。

 

お互いに微笑み返せる信頼を築けた、と。

 

VTZが走れなくなるまで走り切ろう、一緒に居よう、と。

 

そんな時に起きた事故・・・

 

すまなかった。

 

痛かっただろう。

 

俺の代わりになってくれたんだよな。

 

ありがとう。

 

今までのバイクでお前が一番俺を楽しませてくれた。

 

一番俺を分かってくれた。

 

これからも一緒だ。

 

だから、

 

また一緒に走り出すその時まで安らかに眠れ。

 

「VTの鼓動は俺の魂に刻む」


f:id:jungurome:20170619181154j:image