INTERESTING STORY

趣味、興味、愚痴、色々

#10母の日に…

最悪なプレゼントになってしまった!

・・・・・・

その日も、駆け込み客をあしらいながら報告業務をしていた。

 

1日の業務が終わったのが20時過ぎだった。

 

休日で1人待っている彼女へすぐに謝罪と帰宅することを伝えた。

 

その日は俺の好物のカルボナーラを作って待っていると、気を付けて帰って来て、と。

 

普段帰る時と特別変わらない会話をしたと思っていた。

 

ただ、その日は母の日。

 

いつも世話してくれる彼女にプレゼントでもと思い、掘り出し物は無いかとリサイクルショップへ。

 

そこでリサイクルショップを選んだのは、金を持っていないからだ。

 

しかし、

 

それでも途中で失礼だなと、おまけに中古じゃ嫌だよなと思い、目的地の目の前で方向転換。

 

やはりここはイオンなどに行くしかないな、と決めた。

 

しかし、その直後事故は起きた。

 

普段の帰り道では無かったが、何度も走った事のある、見通しの良い道だ。

 

下り坂から平坦な道へ。
平坦な道では緩やかに右カーブに。
ほぼ直線に感じる片側2車線道路だった。

 

俺は常日頃からバイクの安全やらクルマの危険行為などの注意喚起を公言している。

 

そんな俺なので直線では2車線右側を走行していた。

 

何故なら歩道側からの飛び出しが怖いからだ。

 

数年前に飛び出しで10メートル飛んで全身打撲、バイクを廃車にされた。

 

相手はクルマでちょっと傷付いたくらい、ドライバーは無傷。

 

相手に怪我が無かった事は良かった。

 

しかし、過失割合を1取られた事も含め納得出来なかった。

 

だから事故らないように気を付けてきた。

 

しかし、今回最悪な形で事故った。

 

絶対に前方不注意などと言われたくはない!

 

いきなり直線でそいつは現れた。

 

暗い夜道をバイクのライトが照らしたのは、クルマの横っ腹だった!

 

つづく…