INTERESTING STORY

趣味、興味、愚痴、色々

#43ツーリングってなんだ!?

 

 

 

いつの間にか9月後半になってきました。

 

月日が経つのは早いですね。

 

事故からもう4ヵ月も経つのに何も解決しないし、慰謝料(物損含む)が保険会社から支払われず新しいバイクも買えない・・・

 

待つと長く感じますね・・・

 

早くバイクに乗りたい!

 

さて、ツーリングとは何か?

考えてみたくなったのでちょっと考察してみようかと思います。

 

そもそもツーリングとは?

 

ツーリング(英: touring) とは、オートバイを移動手段として利用しながら観光地や景勝地などを訪れたり、単なる移動手段としてではなく、オートバイで走ることを楽しむために山岳地や海岸沿いなどをルートに選んで走ることなどの総称である。(Wiki引用)

 

だそうです。

 

確かに、俺はツーリングするとなると目的地はあるものの、滞在時間はかなり短く、バイクに跨って走ってる時間が圧倒的に多いです。

 

それに、

 

クルマだとドライブ、バイクならツーリングって言うのは何故でしょう?

 

俺の勝手な解釈だけど、

 

ドライブだと「旅行」

ツーリングだと「旅」

 

旅行だと観光地や景勝地などの目的地で楽しむため、単なる移動手段になる。

 

その移動手段としてクルマは最適だと思います。

 

しかし、ツーリングは旅なんです!

 

旅は冒険や発見と言った要素を含み、旅そのものを楽しむものではないでしょうか!?

 

旅をするなら機動力のあるバイクがより楽しいと考えます!

 

しかし、ツーリングでも観光ツーリングや温泉ツーリング、聖地巡礼ツーリングなど目的地で楽しむツーリングもあります。

 

走りを楽しむのは共通ですが、走る目的や理由は様々あるようです。

 

では、

 

ツーリングの種類はどのようなものがあるのでしょう?

 

まず、

 

1人で行くソロツーリング
複数人で行くマスツーリング
2人乗りで行くタンデムツーリング

 

と言った。

 

人で名称が変わるツーリングがあります。

 

そして、

 

街乗りツーリング(〜30km)

プチツーリング(〜100km)

ショートツーリング(〜200km)

ミドルツーリング(〜300km)

セミロングツーリング(〜400km)

ロングツーリング(400〜1000km)

超ロングツーリング(1000km〜)

 

距離で名称が変わるツーリングもあります。

 

この距離は俺の勝手な解釈ですが、

 

話したりネットで見たりするとこんな感じでしたので、往復距離の平均値としてお考えください。

 

さらに、

 

上記で話したように目的のあるツーリングは、

 

温泉ツーリング

ラーメンツーリング

聖地巡礼ツーリング

観光ツーリング

弾丸ツーリング

原付ツーリング

お泊まりツーリング

キャンプツーリング

 

などなど・・・

 

ツーリングの前に〇〇って付ければ何でもありな感じですが、目的+ツーリングと言うものがあります。

 

大きく種類を見ればこの3つの組み合わせでしょうか。

 

ライダーは組み合わせたそれぞれのテーマでツーリングを楽しんでいるかと思います。

 

例えば、

 

2人乗りで東京都内から茨城県偕楽園に行き観光してきたとしましょう。

 

これならタンデムツーリングであり、観光ツーリングであり、ショートツーリングかミドルツーリング、偕楽園ツーリングになります。

 

どの部分を重視したツーリングだったのかで言い方を変えれば、好きな言い方で良いと思います!

 

タンデム観光、偕楽園ミドルツーリングなんて言い方する人は見たことありませんがね(笑)

 

・・・居るんでしょうか?

 

さて、ライダーならツーリングして当然ですから、特に悩む事もなく好きなツーリングを楽しめると思います。 

 

無計画で行き当たりばったりなドキドキワクワクなツーリングをしてる人も多いと思います。

 

ただ、

 

今回考察するキッカケになったのは、ライダーでない方や新米ライダーさんがツーリングは特別なことだと考えていたためです。

 

その考えに少し驚きました。

 

俺が新米だった頃、ツーリングは深く考えずに好きな所に好きなように走って行きました。

 

今も変わらないのは"走ることを楽しんでいる"ことです。

 

最初の頃はただただ走るのが楽しくて、バイクがあればどこにでも行けるような気がしてました。

 

俺の初めてのツーリングは街乗りツーリングで、家から近くの店や友人の家に行くだけでも「冒険」でした。

 

その時の相棒はHONDAのマグナ50でした。

 

慣れた頃、住まいの茨城県からライダーの聖地のひとつ「箱根」に行くという無謀な挑戦を夏にしたことがあります!

 

アホとしか言えない行動でした(笑)

 

最初は楽しかったのですが、熱中症にはなる、マグナ50もオーバーヒートする、坂が登れずに渋滞作る、箱根に着いたのは予定より大分遅く、かなり疲れたので仮眠しただけでトンボ帰り、ただの苦行でした(笑)

 

そのおかげでかなりレベルアップした気はします(笑)

 

メッシュジャケットの凄さや、空冷エンジンのメリットデメリットも肌で感じ、地域によって交通ルールが多少違ったり、計画を練る大事さ、熱中症の怖さ、夏の夜の寒さ。

 

どれも今、経験として話せる貴重な体験で、バイクに乗り、ツーリングしなければ分からなかったことです。

 

今では本当に楽しかったと言えます!

 

原付など排気量の小さいバイクだとツーリング出来ないって思ってる新米ライダーさんや、

 

折角、中型バイクや大型バイクに乗っているのにツーリングに消極的で自らツーリングに行けない人。

 

やる前からあれこれ考えず、または何も考えずに誰かが連れて行ってくれるとか他力本願にせず。

 

ツーリングを特別とか、凄いこととか考えずにとりあえず自分の住んでる街をぶらぶらと走ってみたらどうでしょう?

 

バイクに慣れたら自分で行けそうだと思う景勝地などに走りに行きましょう!

 

ツーリングは旅です!

旅は冒険です!

冒険して色々な経験をしましょう!

 

そうすればバイクがもっと楽しくなる!

 

もっとバイクが好きになる!

 

さぁ、出掛けましょう!

 

見知らぬ街へ、

 

観たことのない絶景を、

 

美味しいもの食べに、

 

新しい発見を求めて、

 

走りましょう。

 

あなたのバイクが待っています。

 

あなたをあなたの知らない世界へと導くために。

 

 

 

 

毎度長文お読み頂きありがとうございます!

 

また、持論を語ってしまいました(笑)

 

共感して頂けると嬉しいです!

 

それではまた!

#42スマホ用レンズ買ってみた

 

 

 

 

 

先日、スマホカメラについて考察した際に試してみたい物があると話しました。

 

それがこのスマホ用レンズキット

 

f:id:jungurome:20170820080439j:image

 

いつも通りAmazonでポチる。

 

初めて買うので他製商品と善し悪し比較は出来ないが、使った感想を言うと。

 

まぁ良いんじゃないかな?


f:id:jungurome:20170917111836j:image
f:id:jungurome:20170917111856j:image
f:id:jungurome:20170917111944j:image
f:id:jungurome:20170917112039j:image

 

まず開けておもちゃみたいだなって感じた。

 

クリップにレンズをはめ込み、クリップをスマホに挟んで使うようになっている。

 

レンズは広角レンズのみマクロ(接写)レンズと組み合わせないと使えない仕様でした。

 

さて肝心の性能はどうだろうか?

 

出掛けた際に使ってみた。

 

 

マクロ(接写)撮影。


f:id:jungurome:20170917101238j:image

 

通常はこのような写真になるが、

 

マクロレンズを使用するとこうなる。


f:id:jungurome:20170917101332j:image

 

雄しべや雌しべなどの花芯がハッキリ写ります。

 

花びらにスマホが当たる程接近したので、暗くなってしまいました。

 

 

次に広角撮影。


f:id:jungurome:20170917104006j:image

 

全体像がギリギリな写真ですが、

 

広角レンズを使用するとこうなりました。

 

f:id:jungurome:20170917104111j:image

 

窮屈感が減りました。

 

これなら狭い場所で大きな被写体でも撮影可能ですね。

 

ただ、

 

どのレンズにも言えると思うのですが、

 

レンズをカメラの中心にしっかり設置しないと、

 

上記写真の左側のように歪み(ぼやけ)が出てしまいます。

 

これでは写真の出来としてはイマイチになりますね。

 

 

他にも偏光レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズがありましたが、

 

面倒なのでやめました。

 

スマホ用レンズの欠点は、

 

その小ささから落としてしまいそうで怖く、

 

扱いにくいので、ゆっくり慎重にレンズを交換する必要があります。

 

個人差はあるかと思いますが、

 

スマホと言う瞬時に撮れる機動力がかなり減るのは確かです。

 

結果、

 

めんでぃーなのでスマホ単体で単焦点撮影して遊んでしまいました。


f:id:jungurome:20170917110640j:image


f:id:jungurome:20170917110705j:image


f:id:jungurome:20170917110809j:image


f:id:jungurome:20170917110846j:image


f:id:jungurome:20170917110902j:image

 

と、まぁ。

 

単焦点で遊ぶ時に花が被写体として簡単ですね。

 

 

一眼レフカメラは高くて買えないけど、

 

持ってるスマホでマクロや広角、魚眼など、

 

レンズを交換して様々な写真をお手頃価格でやってみたい!

 

そんな方にオススメ出来るのではないでしょうか?

 

不器用で面倒くさがりな俺みたいな人はやめた方が良いでしょう(笑)

 

 

 

お読み頂きありがとうございます!

役に経てば幸いです。

 

#41バイク屋

 

 

 

先日バイク屋に行ってきた。


勿論、バイク探しだけで買ってはいない。

 

中古選びなのでいざ買う時に良い車体がないのでは困るから、と。

 

一応それっぽいこと言って、

 

ただただバイクに触れたいだけだったりする。

 

それを承知の上でクルマを出してくれる我が家のお奉行様には感謝である。

 

呆れているか諦めているかでもあるが・・・

 

さて、

 

バイク屋と言えばいつもレッドバロンなのだが、どうも俺は(も?)相性が悪いようだ。

 

納車日に入院になるケースばかりでウンザリ。

 

今回は、廃車した件と希望の提携保険会社があると言う理由だけで、

 

イエローハットと同グループ企業のバイカーズステーションSOXで世話になろうといざ出陣!

 

着くなり置かれてる車体をジロジロと見物。

 

面白い車体もあり、値段相応かなと思える車体ばかり。

 

これは期待出来そうだ。

 

そこで店長らしき人が声を掛けてきた。

 

話をしてみると接客の下手な人だった。

 

無愛想なのだ(人の事言えぬ)。

 

これには少し残念としか言えないが、きっと体調が優れなかっただけだろう。

 

変わって平社員らしき若い方にバトンタッチ。

 

この人は気さくな感じで、接客術があるので合格としたい(なにを?)

 

いざワガママを話してみた。

 

「大型に乗りたい、免許はこれから、セカンドにオフ車乗りたい、でも通勤用にクルマも買わなきゃダメで、アレやコレ全部で1□□万円以内が予算・・・どうよ?」

 

流石に無理だろうな・・・

 

そんな上手い話が落ちてるわけないさ。

 

きっといつも通り乗りたくもない大型を勧められたり、ワガママだと正当な意見を言われるに違いない。

 

そう思いながら言ってみた。

 

しかし、この方は違った。

 

俺のワガママと言う拘りを理解し一緒に探すとまで言うではないか!

 

しかも男爵様と違いゴリ押し(キムチとか)もない。

 

何て良い店員なんだと感動した。

 

そんな訳で。

 

兼ねてより欲しい大型バイク、

CBR1100XXスーパーブラックバードを取り寄せることにした。

 

遠方にある車体で、現車確認しないと気が済まない俺は成約予定として取り寄せして貰った。

 

だがその車体は商談中で他店店長さんが困ったようだったが、店員さんが何とか引っ張ってくれた。

 

どっかの誰かスマンそして店員さんありがとう!

 

肝心の車体状態は、写真などの情報によるとそれなりに劣化もあり過走行ではあるが、俺的には掘り出し物に見えた。

 

中古で完全に自分好みを探すのはほぼ無理なので、最低限の妥協で考えたが十分合格だった。

 

勿論買うかどうかは見てからになるが、今から現車確認が楽しみだ♪

 

そして、セカンドバイクなのだが、

第1希望はヤマハXTZ125だ。

 

これは近々入荷があるらしいので、CBR1100XXと共に現車確認する。

 

ただ、先日のブログにもあるように予算超えになるので、FTRなども見てきた。

 

値段はめちゃくちゃ安い!

小遣いで十分に買えそうなくらい安かった!

 

これなら予算内で全てが収まるどころかお釣りが出る!

 

と、まぁ。

 

ワガママも何とか予算内で行けそうだし、良い店員さんに会えたと思うと、久々にバイク(トーク)との触れ合いで興奮し楽しかったのだが、冷静になった時には既に隣にいたお奉行様が鬼の形相になっていた・・・

 

果たして2台買うことは出来るのか?

乞うご期待( 笑 )

 

いつもお読み頂きありがとうございます

o(≧▽≦)o 

#40スマホカメラ

 

 

 

皆さんはスマホカメラを活用してる?

 

普段から使ってる方が大半だよね?

 

ただ、

 

Zenfone4シリーズの高性能カメラの記事を読んでふと考えた。

 

今、Zenfone3を所持してるが、カメラに拘る俺がたいして使用してない事に気が付いたのだ。

 

どんなに高性能なスマホカメラでも、一眼レフカメラには及ばないからだ。

 

そんな事は当たり前で、比較対象が間違っている事は百も承知!

 

しかし、

 

それだけ綺麗な静止画や動画が撮れるようになったという事でもある。

 

スマホカメラの最大の利点は、直接SNS等に投稿でき、友人等と共有するのが容易である事だ!

 

コンデジ等でもSNS投稿や共有は出来るのだが、スマホの利便性には勝てない。

 

それ故、使い勝手がまだまだ悪い。

 

話を戻す。

 

俺は構図を考えて撮影に挑む傾向があり、スマホで出来ないマクロ(接写)撮影や超広角風景写真、超望遠写真が好きなため思った写真が撮れないから敬遠している。

 

どれもスマホに向かない撮影方法なのだ。

 

となると、

 

テキトーな写真が多くなり、飽きやすくもなり、あまり使わなくなったわけだ。

 

宝の持ち腐れってやつかもしれない。

 

なので、

 

これから活用していくように試行錯誤してみる。

 

以前から欲しい物もあるから試してみたいしね。

 

さて、皆さんはどうでしょう?

 

気軽に写真を撮っているとは思いますが、無駄にハイスペックだったり、今の使い方にマッチしてるでしょうか?

 

一度考えてみるのも良いかもしれません。

 

スマホカメラは800万画素だと粗いですが、1300万画素からはあまり分かりません。

 

素数が増えれば増えるだけ綺麗ですが、引き伸ばしたりしなければ人の目にはわかりません。

 

カメラ性能より画面の性能が高い方が綺麗に見える事は多々あります。

 

それに画素数が高いと写真1枚の容量も大きくなるので、スマホの少ない容量を考えれば本末転倒な場合もあります。

 

買い替えを検討中の方は今一度考えてみる機会にしても良いかも知れませんね!

 

そんなわけで本日の話は終わりです!

 

いつもお読み頂きありがとうございます!

 

#39XTZ125(ヤマハ)

 

 

 

オフ車に乗りたい。

 

最初はその気持ちだけだった。

 

どんなバイクが良いか?

 

服装は?

 

と、疑問や悩みが生まれた。

 

それは過去のブログで分かるのだが、それを見た俺の数少ない友人の1人Sくんが、比較や体験談でアドバイスしてくれた。

 

とても参考になる話を聞いて、ちっぽけな悩みは消えた。

 

ありがとうSくん!

 

そうなると欲しいオフ車も自ずと決められ、気持ちは一直線だ。

 

俺が欲しいオフ車は・・・

 

ヤマハ XTZ125」だ!

 


f:id:jungurome:20170820075924j:image

 

 

もうこれ一択で考えたい!

 

予算的にはかなり厳しいのだが、値引き交渉など努力すればギリギリ買える!気がする。

 

という訳で頑張ってみることにした。

 

どうしても予算を超えそうならホンダFTR225に妥協する。

 



f:id:jungurome:20170820075241j:image

 

と言うことで前置きが長くなったが、

そのXTZ125について調べたことを、紹介する形でブログに書いておこうと思う。

 

まず、スペック

 

【スペック】

全長/全幅/全高 2090× 830× 1115mm
シート高 840mm
ホイルベース 1340mm
最低地上高 260mm
車両重量 119kg
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・単気筒
総排気量 124 cm3
ボア X ストローク 54 x 54mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 7.1kW/7800 rpm
最大トルク 9.9Nm/6000r/min
始動方式 セル/キック
変速機形式 常時噛合式5段/リターン式
点火方式 CDI
燃料供給 キャブレター
燃料タンク容量 10L
タイヤサイズ (F/R) 80-90 21M/C 48P / 110-80 18 M/C 58P
ブレーキ形式(F/R) ディスク/ドラム
懸架方式 (F/R) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプ 12V, 35W/35W(ハロゲンバルブ)

 

【その他】


中国の重慶で作られた中国向けバイク。

 

・・・重慶と聞くとグン・ジェムを思い出す。

 

あ、無視してください( 笑 )

 

さて、

 

中国ヤマハ生産の中国向けなのだが、輸入車逆輸入車?どっちが正しいのか分からない。

 

正確には輸入車で正しいはずだ。

 

逆輸入とは国内生産した製品を海外に向け輸出し、それを国内に輸入したから逆輸入と言うのだと思うからだ。

 

今回は中国で生産した中国向けバイクなのだから、国内メーカーではあるが、製品としては輸入になると推測する。

 

さらに、

 

グローバルモデルなど、ブラジル生産があったなど、様々な情報が存在していて正直混乱している。

 

情報が錯乱しているためだ。

 

取り敢えず2017年現在新車販売されているXTZ125は、中国ヤマハが中国向けに作り、あまりの人気に世界で売られているってとこだろうか。

 

生産が中国なので作りは安っぽく粗い。

 

しかし、ヤマハの社名を背負っているため然程不安がない。

 

以前乗っていたキムチバイク(GT250R)より信頼が出来る。

 

補修パーツは保証のあるバイク屋なら取り寄せ可能なので心配ない。

 

ただ、中国からの取り寄せになる場合もあるので時間は掛かるだろう。

 

あと、殆どの販売店で1年保証などサービスがある。

 

内容は様々かもしれないので、確認は必要だろう。

 

こんなとこだろうか?

 

あとは買ってみて、乗ってみてだ。

 

もう買う気満々でいる。

 

早く欲しい!

 

#38Wi-Fi中継機を買ってみた

 

 

 

以前から欲しいと考えていた中継機。

 

取り敢えず何でも良いから安くて良さげなの無いかなって、Amazon開いたら最初に出てきたこれを見て衝動買い。


f:id:jungurome:20170815170207j:image


f:id:jungurome:20170815170231j:image


f:id:jungurome:20170815170306j:image

コミックを置くとコンパクトさが分かる。


f:id:jungurome:20170815170445j:image


f:id:jungurome:20170815170459j:image


f:id:jungurome:20170815170526j:image


f:id:jungurome:20170815170541j:image

f:id:jungurome:20170815170648j:image

 

f:id:jungurome:20170815170658j:image


f:id:jungurome:20170815170744j:image

 

f:id:jungurome:20170815170754j:image

 

f:id:jungurome:20170815170946j:image

 

f:id:jungurome:20170815171000j:image


設置設定はかなり簡単だった。

 

結果届いて欲しい場所にも届いて、快適に使えてる。

 

詳しい数値は面倒なので出さないが、個人的に大満足な買い物になった。

 

ルーターにも選び方はあるのだけど、特に凝った使い方しないならこの程度で十分だと思う。

 

これは良い買い物が出来た!

#37友人のバイク選び

 

 

突然、以前の職場(以後前職)の若い子から原付バイクはどれが良いか聞かれた。

 

前職の時から原付バイクに乗りたいと言っていたが、当時はNS-1に乗りたいとか言ってた記憶がある。


f:id:jungurome:20170813232837j:image

写真は後期型

 

動画は前期型

 

 

NS-1と言えば原付スポーツの代表格の1台。

 

この形には珍しいメットインスペースがあり、24リッターとかなり大きいのが特徴だ。

 

しかし、

 

今回は妥協してかスクーター2台で悩んでいると言う。

 

アドバイスが欲しいとの事で快諾した。

 

まず、

 

「何を求めているのか」を知らなければ的確なアドバイスが出来ないので聞いてみた。

 

「買い物に使いたい、ちょっとの距離使うだけ」

 

と、言ってきたが

 

「でも、本当はマニュアルバイクに乗って趣味にしていきたいんだ」

 

と、言うではないか!

 

任せろ、俺が趣味にしてやる!

 

なので即妥協案のスクーターはボツにし、NS-1の話をした。

 

しかし、

 

どんな理由があるかは知らないし聞かないが、予算が相場より低く、正直良い物は買えない。

 

バイクってスクーターなら安いけど、趣味になった途端高くなるからね。

 

で、維持することも考えて断念する方向に。

 

古いし2ストの扱いにくさもある。

 

まだバイクのイロハも知らない若い子には、維持するのが1番難しいかもしれない。

 

しかし!

 

これで終わらないのが俺だ!

 

いくつかバイクを紹介してマグナ50、そう俺の初バイクに辿り着いた!

 


f:id:jungurome:20170813234138j:image

 

 

やはりこいつは素晴らしい( 笑 )

 

予算ちょっとオーバーだけどそれなりにある。

 

これは頑張って買うしかないと俺は思うのだが…

 

原付と言えど初めてのバイクになるのだし、色々不安があるからなるべく予算を下げたいのが心情だろう。

 

しかし!

 

安物買いの銭失いって言葉がある通り。

 

安いバイクは結局修理やらなんやらで相場より高くなったりする。

 

だったら最初から高いの買った方が気分が良いんだよ!

 

ってな感じで色々話をした。

 

バイクの中古車は安かろう悪かろうが通用する世界なのだ。

 

それでも安くしたいとなると、値引き交渉やら自分で整備や登録をする。

 

大きな努力で小さな結果を出すしかない。

 

その努力も嫌だってわがまま言うなら金出すしかない。

 

特に初心者で知識も技術も無いなら有識者の言う通り、高いけどまともな車体を買うべき。

 

それが1番後悔しない。

 

ユーザー車検や、格安スマホを見ても分かる通り安く出来るのは知識のある人間がする事。

 

さて、

 

今回、友人と話をする中で色々考えさせられた。

 

バイクに興味が無かった人、楽しさをまだ知らない人の買い物はこう考えるのかと。

 

バイク好きの俺はいくつかネジが飛んだ考え方でバイクを買う事がある。

 

なので、初バイクの人にはもっとこうした方が良いなとか。

 

俺が出来る事はなんだ?

 

と、色々考える事が出来た。

 

いくつか現状での答えも出た。

 

例えば知識をいかに使って助言していくかなどね。

 

話過ぎちゃってウザイ時もあるけど、それはそれだけ親身なんだという事で勘弁して欲しい( 笑 )

 

それと、昔から思う事だが…

 

バイクに興味が無いのは仕方ないが、

 

バイクに乗らないのは損してる!!

 

 

今日も読んで頂きありがとうございます!